ツイッターつくったー 

ふるさと納税の効果をみる|給与年収400万円・単身世帯

ふるさと納税単身世帯ケースのアイキャッチ

制度をちゃんと知って利用すれば、絶対お得な節税法「ふるさと納税」。

ある程度収入があって税金支払っている人はやらないと損!

とまで言えるほど。

ふるさと納税制度のしくみ概要図

 

ただし、自分の寄附限度額を見積もる必要があるなど、日ごろ税金の計算になじみのない人にとってはハードルが高いことも事実だと思います。

ウサギマン

ボクは知っている、ヒトは得体の知れないモノを怖れるのだ!
だったら知ればいい!がんばって書きます!

ラビ

ということで、比較的シンプルな想定ケースを使って、「ふるさと納税」のお得さを解説してみたいと思います。

第一弾は、20代の独身社会人を想定した「単身世帯年収400万円ケース」

結論としては、本記事のケースでは、約42,000円が寄附額の上限となりました。

この額でどんな返礼品がもらえるかも、チョイスしてみました!

では、はじめましょう。

第何弾まであるかは誰にもわかりません、、、

ラビ

ふるさと納税の基礎のアイキャッチ究極の節税/節約?ふるさと納税|その仕組みや計算方法など解説

はじめに~想定ケース:27歳独身のウサギマンさん

さて、はじめに今回の想定ケースの条件を書きます。

想定ケースは、27歳独身の企業戦士ウサギマンさん(仮名)です。

ウサギマンさんの2018年についてみていきます。

ウサギマンさん

よろしくです
ウサギマンさんの条件
  • 収入:給料で年収は4,000,000
  • 所得:給与所得で2,660,000
  • 所得控除:(基礎控除)+(社会保険料控除600,000)
  • 税金計算におけるその他の要素はなし
MEMO
  • 収入は、売上に該当する部分。一般的な会社員の収入の種類は:給与収入(つまり給料)です。
  • 所得は、利益に該当する部分。自営業の方などは収入から実際の経費を引いた額となりますが、収入の種類が給与の場合は、計算式にあてはめて所得(給与所得)が計算されます。
  • 所得控除は、税金計算の上で所得から差し引ける額で種類や金額は決まっています。今回は誰でもある基礎控除と、年金や健康保険料などの社会保険料控除(概算で年収の15%)を計上。

超簡単に!前提知識

ふるさと納税の効果を知るための前提知識は2つ。

  1. ふるさと納税は、「所得税」と「住民税」に影響する!どう変わるのか!
  2. ふるさと納税で、いくら寄附して、返礼品でなにがもらえるのか!

超シンプルに2つにまとめました、この観点からみていきましょう。

下図の所得税と住民税の請求時期のちがいも知っておいてください。

会社員の所得税・住民税の取られ方

MEMO
  • 所得税:個人の収入に対してかかる税金。国に納める(国税)。
  • 住民税:個人の収入に対してかかる税金。地方に納める(地方税)。都道府県に納める分と市町村に納めるものの合算。「市県民税」「都区民税」という表現も同じもの。

ふるさと納税をしなかった場合

さあ、まずはウサギマンさんがふるさと納税をしなかった場合の「所得税」と「住民税」がいくらになるか、みていきます。

ふるさと納税しなかった場合の「所得税」

ふるさと納税しなかった場合、ウサギマンさんの所得税(復興特別税含む)は85,700円となります。

ウサギマンさん

所得税たけー!
ウサギマンさんの所得税計算:2018年分
  1. 収入:4,000,000
  2. 所得:2,660,000(所得から自動計算)
  3. 所得控除:980,000(基礎控除38万+社会保険料控除60万)
  4. 課税標準額:1,680,000(千円未満切捨):266万-98万
  5. 税率:5%(課税標準額に応じて変動あり)
  6. 税額控除:0
  7. 所得税額:84,000:168万×0.05
  8. 復興特別税額:1,700(所得税額の2.1%:100円未満切捨):84,000×0.021
  9. 所得税額(復興特別税額含む):85,700円:84,000+1,700

ふるさと納税しなかった場合の「住民税」

ふるさと納税しなかった場合、ウサギマンさんの住民税は、175,500円となります。

ウサギマンさん

住民税もたけぇ!
ウサギマンさんの住民税計算:2019年度(2018年分)
  1. 収入:4,000,000
  2. 所得:2,660,000(所得から自動計算)
  3. 所得控除:930,000(基礎控除33万+社会保険料控除60万)
  4. 課税標準額:1,730,000(千円未満切捨):266万-93万
  5. 税率:10%(課税標準額に応じて変動なし)
  6. 税額控除:2,500(調整控除)
  7. 住民税所得割額:170,500:(173万×0.1)-2,500(百円未満切捨)
  8. 住民税均等割額:5,000
  9. 住民税額:175,500円:170,500+5,000
注意
  • 住民税は、都道府県民税分と市町村民税分にわけて計算し、最後に足し合わせますが、今回は最初からすべて合算した計算で表示しています
  • 住民税の計算や金額は、自治体ごとの独自制度などにより異なる場合があります

ふるさと納税しなかった場合のまとめ

それでは、まとめます。

ふるさと納税をしなかった場合、ウサギマンさんは、

  • 税金が261,200円(所得税85,700円+住民税175,500円)かかる
  • ふるさと納税による寄附の支出はなし
  • ふるさと納税の返礼品もなし

と、このようになります。

はたして、ふるさと納税によりこれがどう変わるのでしょうか?

ふるさと納税の限度額計算

いよいよふるさと納税した場合の効果を、、、

と、いきたいところですが、その前に最重要作業!

今、計算してみた結果から、さらに「ふるさと納税の限度額」を計算しなくてはいけません。

ウサギマンさん

ふるさと納税は寄附しすぎると逆に損しちゃうんだよね?

ふるさと納税をした場合、下の3つにわけて控除額が計算され、所得税と住民税が減額されます。

しかし、控除額にはそれぞれ限度があり、寄附をしすぎて限度額を超えてしまうと、超えた分は税金が減額されず、寄附損になる可能性があります。

ふるさと納税の寄附金控除額計算
  1. 所得税から減額される額(所得控除)
    (ふるさと納税額-2,000円)×所得税の税率×1.021
    注:寄附金額(ふるさと納税と他の寄附の合計)は、総所得金額等の40%が限度
  2. 住民税から減額される額①(税額控除)
    (ふるさと納税額-2,000円)×0.1
    注:寄附金額(ふるさと納税と他の寄附の合計)は、総所得金額等の30%が限度
  3. 住民税から減額される額②(税額控除)
    (ふるさと納税額-2,000円)×(0.9-所得税の税率×1.021)
    注:住民税所得割額の20%が控除額の限度

計算式が複雑でイヤになりますが、ここまでの計算でわかっているところに数字をあてはめてみましょう。

  • 所得税の税率→5%:0.05
  • 総所得金額等→2,660,000
  • 住民税所得割額→170,500
【途中経過】ふるさと納税の寄附金控除額計算:ウサギマンさん編
  1. 所得税から減額される額(所得控除)
    (ふるさと納税額-2,000円)×0.05×1.021
    注:寄附金額(ふるさと納税と他の寄附の合計)は、1,064,000限度(266万×0.4)
  2. 住民税から減額される額①(税額控除)
    (ふるさと納税額-2,000円)×0.1
    注:寄附金額(ふるさと納税と他の寄附の合計)は、798,000限度(266万×0.3)
  3. 住民税から減額される額②(税額控除)
    (ふるさと納税額-2,000円)×(0.9-0.05×1.021)
    注:34,100が控除額の限度となる

3つの計算の限度額がわかりました。

ふるさと納税額を入れて計算して、「3つとも限度に達しないギリギリのところ」がウサギマンさんのふるさと納税限度額となります。

計算式の内容からして、3の計算式が最も限度になりやすいので、計算式を変形して、答えがふるさと納税限度額になるようにすると、、、

34,100÷(0.9-0.05×1.021)+2,000=ふるさと納税額

となり、

34,100÷(0.9-0.05×1.021)+2,000=ふるさと納税額42,167円

3のふるさと納税限度額は42,167円と計算できます。

念のため、3つ全部の式にあてはめて、限度を超えないかチェックしてみましょう。

【確定】ふるさと納税の寄附金控除額計算:ウサギマンさん編
  1. 所得税から減額される額(所得控除)
    42,167円-2,000円)×0.05×1.021=2,050
    注:1,064,000が限度(266万×0.4)
  2. 住民税から減額される額①(税額控除)
    42,167円-2,000円)×0.1=4,017
    注:798,000が限度(266万×0.3)
  3. 住民税から減額される額②(税額控除)
    42,167円-2,000円)×(0.9-0.05×1.021)=34,100
    注:34,100が限度

ウサギマンさん

全部セーフ!っていうか1と2はぜんぜん限度に届いてないね!

このようにして、ふるさと納税限度額がわかります。

ネットには、たくさんの計算できるシミュレーターがありますが、同じ情報を入力しても答えが微妙にちがうこともあります。

「シミュレーター+自分の計算」とで確かめたり、「シミュレーター+別シミュレーター」など複数の情報源から確かめることが大事です。

ラビ

情報もセカンドオピニオンの時代です(名言)
MEMO

ふるさと納税は、2018年中の収入にたいしては、2018年中に寄附しなければなりません

実際のふるさと納税限度額は、年末ギリギリから年明けにならないと確定計算できないため、どうしてもある程度、見切りで限度額を見積もって寄附しなければならないのが現実です

賢くふるさと納税した場合

さぁ、いよいよふるさと納税をした場合の、ウサギマンさんをみていきます。

【おすすめ】ふるさと納税セレクション

さきほどの計算からウサギマンさんのふるさと納税限度額は42,167円でした。

実際には、返礼品がもらえる寄附額は1,000円単位なので、ギリギリで42,000円分の寄附になろうと思います。

ややこしい計算はひとまず終えて、寄附先を楽天ふるさと納税で探してみました。

3人の敏腕バイヤーが、コンセプトを決めて紹介してくれていますよ!

※現実は、変なおじさんがひとりで選びました

参考:ふるさと納税ができるサイト

1:満腹☆はらぺこプラン:寄附額計42,000円

  • 納税額:10,000円 返礼品:お米15kg
  • 納税額:10,000円 返礼品:焼肉用牛肉1kg
  • 納税額:12,000円 返礼品:豚しゃぶ4.4kg
  • 納税額:10,000円 返礼品:かつおのタタキ3kg

バイヤーA氏

どやー!
注意

焼肉用牛肉1kgの寄附額が10,000円→13,000円

豚しゃぶ4.4kgの寄附額が12,000円→16,000円

へと変更になっていました(2018.11.11確認)

総務省のお達しにより、今後も寄附額増か、返礼品減の動きとなっていきそうです


【ふるさと納税】【平成31年4月発送分】 平成30年山形県河北町産『はえぬき』15kg【JAさがえ西村山】


【ふるさと納税】都城産 宮崎牛 バラ焼肉用 1kg


【ふるさと納税】都城産「和豚味彩」しゃぶしゃぶ匠4.4kgセット – ブランド豚しゃぶしゃぶセット 豚ロースしゃぶしゃぶ用 豚バラしゃぶしゃぶ肉 肩ロースしゃぶしゃぶ肉 豚小間切れ肉 送料無料 【宮崎県都城市はふるさと納税二年連続日本一!!】


【ふるさと納税】kata003 本場高知のカツオわら焼きタタキ3kg(6〜8節)寄付額10,000円

2:千鳥足☆のんべえプラン:寄附額計42,000円

  • 納税額:10,000円 返礼品:第3のビール350m缶48本
  • 納税額:10,000円 返礼品:ストロング系チューハイ350m缶48本
  • 納税額:10,000円 返礼品:ビール350m缶24本
  • 納税額:6,000円 返礼品:発泡酒(1)350m缶24本
  • 納税額:6,000円 返礼品:発泡酒(2)350m缶24本

バイヤーB氏

酒はふるさと納税でまかなうぜ!
MEMO

2018年までは、上記のお酒の返礼品があったのですが、2019年になって返礼品の内容・グレードがだいぶ変わっています、、、、、、、

3:堅実☆日用品プラン:寄附額計42,000円

  • 納税額:10,000円 返礼品:箱ティッシュ60箱
  • 納税額:10,000円 返礼品:衣類用洗剤セット
  • 納税額:10,000円 返礼品:トイレットペーパー12個入×8
  • 納税額:11,000円 返礼品:ペアマグカップ

バイヤーC氏

普段使うものをしっかり仕入れるのが賢いわ!


【ふるさと納税】エリエールティシュー 180W5P×12パック (60箱)


【ふるさと納税】ライオン トップスーパーナノックスギフトセット(LNW−50A)


【ふるさと納税】エリエールトイレットティシュー(シングル) 12R×8パック


【ふるさと納税】EB36 【波佐見焼 マルヒロ】HASAMI SEASON 01 ブロックマグ ペアセット グレイ×ネイビー


 

と、42,000円以内の寄附でこれだけの返礼品をもらうことができます。

とりあえず、1:満腹☆はらぺこプラン:寄附額計42,000円を採用して説明していきます。

賢くふるさと納税した場合の「所得税」

賢く42,000円分ふるさと納税した場合、ウサギマンさんの所得税(復興特別税含む)は83,722円となります。

ウサギマンさんの所得税計算:2018年分
  1. 収入:4,000,000
  2. 所得:2,660,000(所得から自動計算)
  3. 所得控除:1020,000(基礎控除38万+社会保険料控除60万+寄附金控除4万
  4. 課税標準額:1,640,000(千円未満切捨):266万-102万
  5. 税率:5%(課税標準額に応じて変動あり)
  6. 税額控除:0
  7. 所得税額:82,000:164万×0.05
  8. 復興特別税額:1,722(所得税額の2.1%):82,000×0.021
  9. 所得税額(復興特別税額含む):83,722円:82,000+1,722
MEMO

所得税では、ふるさと納税分は所得控除の一つ、寄付金控除として計上されます。

限度額内で収めれば、【寄附額‐2,000】が控除額に。今回は40,000。

注意

所得税が給与天引きされている場合、「すでに天引きされた所得税」と、「ふるさと納税の確定申告の結果の所得税額」とを比較し、過払い分が還付となります

還付の場合、税額の端数処理がされないため、端数分は還付が受けられません。

今回のケースだと復興特別税が1,722→1,700と処理されず、22円分が還付されません(くそ)。

賢くふるさと納税した場合の「住民税」

賢く42,000円分ふるさと納税した場合、ウサギマンさんの住民税は、137,500円となります。

ウサギマンさんの住民税計算:2019年度(2018年分)
  1. 収入:4,000,000
  2. 所得:2,660,000(所得から自動計算)
  3. 所得控除:930,000(基礎控除33万+社会保険料控除60万)
  4. 課税標準額:1,730,000(千円未満切捨):266万-93万
  5. 税率:10%(課税標準額に応じて変動なし)
  6. 税額控除:40,458(調整控除2,500+寄附金控除37,958(①4,000②33,958)
  7. 住民税所得割額:132,500:(173万×0.1)-40,458(百円未満切捨)
  8. 住民税均等割額:5,000
  9. 住民税額:137,500円:132,500+5,000
MEMO

所得税では、ふるさと納税分は税額控除の一つ、寄付金控除として計上されます。

基本分と特例分にわかれ、今回は下の計算です。

  • 基本分:(42,000円-2,000円)×0.1=4,000
  • 特例分:(42,000円-2,000円)×(0.9-0.05×1.021)=33,958

賢くふるさと納税した場合のまとめ

それでは、まとめます。

賢くふるさと納税した場合、ウサギマンさんは、

  • 税金が221,222円(所得税83,722円+住民税137,500円)かかる
  • ふるさと納税による寄附の支出は42,000円
  • ふるさと納税の返礼品は米15kg、牛肉1kg、豚しゃぶ4.4kg、かつおタタキ3kg

と、このようになります。

ふるさと納税をしない場合との比較

ふるさと納税の効果を表で比較してみます。

項目ふるさと納税しないふるさと納税するふるさと納税効果
所得税85,700円83,722円1,978円お得!
住民税175,500円137,500円38,000円お得!
ふるさと納税支出042,000円42,000円損!
もらえる返礼品なし米15kg
牛肉1kg
豚しゃぶ4.4kg
かつおタタキ3kg
もらった商品分
お得!

今回のウサギマンさんのケースでは、金額がでる部分は、ふるさと納税42,000円分の支出にたいし、所得税・住民税の減税効果は、39,978円となり、2,022円の損となりました。

そのかわり、米15kg、牛肉1kg、豚しゃぶ4.4kg、かつおタタキ3kgというとんでもない返礼品をいただけました。

べつの表現をすると、2,000円の支払いでこれだけの大量商品を購入したことになります。

どうみてもお得です。本当にありがとうございました。

ウサギマンさん

MEMO

限度額に届かない3万円をふるさと納税した場合

税金261,200円→233,234円へ減額(-27,966円)。
30,000円のふるさと納税支出に対して、約2,000円の自己負担。
→返礼品ももらえるため、損にはならない、ただもっと寄附してもよかった

限度額やや超え5万円をふるさと納税した場合

税金261,200円→219,913円へ減額(-41,287円)。
50,000円のふるさと納税支出に対して、約8,700円の自己負担。
→返礼品ももらえるため、おそらく損にはならない、ただお得度減少

限度額大幅超え10万円をふるさと納税した場合

税金261,200円→214,361円へ減額(-46,839円)。
100,000円のふるさと納税支出に対して、約53,100円の自己負担。
→返礼品の価値を踏まえても損な可能性大!

おわりに

単身世帯年収400万円のふるさと納税効果を具体的にみてきました。

年収400万あればかなりの返礼品をもらうことができます。

2018年もあと3か月あまり(記事作成時点)。

2018年中の収入に対してのふるさと納税も年末までです。

知らなかった方もまだ間に合います!

限度額計算や、どんな返礼品がもらえそうかの皮算用をはじめてみてはいかがでしょう?

ウサギマンさん

よろしくです

 

参考:ふるさと納税ができるサイト