ツイッターつくったー 

GMOクリック証券でIPO当選を目指す|幹事実績やネット抽選・配分ルールなど解説

GMOクリック証券のIPOのアイキャッチ

新規公開株の申し込みに当選して利益を狙うIPO投資。

当選のコツはなんといっても、たくさんの証券会社から申し込むこと。

とはいえ、証券会社もみな同じではなく、特徴があります。

それをも把握したうえで、効率よく申し込むことも大事なことです。

今回は、ネット専業証券「GMOクリック証券」のIPOについて説明します。

GMOクリック証券は、2016年に2件IPOの取り扱いがありましたが、2017年はなんと0件、2018年は1件とIPOの面では、意識しているであろうSBI証券や楽天証券に差をつけられています。

ただし、GMOグループの企業が上場となった場合には、登場してくる可能性が高い証券会社なので、来るべき日にそなえておきたいところです。

ラビ

IPO以外では株主優待取得の面で超有力証券会社です

GMOクリック証券とは

GMOクリック証券は、東証ジャスダック上場のGMOファイナンスホールディングス傘下のネット専業証券会社です。

口座数は、2018年3月末の時点で33万9千口座となっています。

ラビ

「手数料が安い」+「GMOグループの株主優待で手数料キャッシュバック」で取引コストを減らせます
GMOクリック証券口座基本情報
  • 口座開設料:無料
  • 口座管理料:無料
  • WEB入金:無料
  • WEB出金:無料

\公式サイトをチェック/

✓優待クロス取引に超おすすめ
✓IPO取扱拡大にも期待

GMOクリック証券のIPO実績

GMOクリック証券のIPO実績は超少ないです。

2018年のIPO取り扱いは1件でした。

※2017年:0件、2016年:2件、2015年:1件、2014年:2件。。

実にさびしい実績ではありますが、取り扱い銘柄のほとんどは同じGMOグループの企業。

GMOグループ企業は、ほぼIT関連であり、IPOでは値上がり期待のできる人気業種です。

ウサギマン

ボクはまっているよ、、、クリックちゃん

2018年は、一般信用の取り扱いが開始されたり、ネット銀行との連携サービスをはじめたりとSBI証券・楽天証券を意識したようなサービス拡大を図っているところなので、IPOでも今後の拡大を期待したいところです。

GMOクリック証券IPO実績(リートIPOふくむ)

IPO全体数幹事数うち主幹事数
2018年9510
2017年9400

GMOクリック証券のIPO抽選ルール

GMOクリック証券のIPOの配分率は?

GMOクリック証券に配分されたIPO株数のうち、抽選にまわる配分は100%です。

バニ

ナイスゥ!取り扱い増えたらもっとナイス!

GMOクリック証券のIPOの抽選方法は?

GMOクリック証券のIPO抽選は、対象者1人1口の公平な抽選で行われます。

資金の大小や、これまでの取引履歴などは抽選に関係しません。

バニ

祈るしか、、、ないッ!

GMOクリック証券のIPOの申込方法は?|後期型!申し込み忘れに注意!

GMOクリック証券のIPO申し込みは「後期型」とよばれる方式をとっており、他の証券会社と多少ちがいます。

通常のIPO申込が、

  • 抽選申し込み ➔ 抽選 ➔ 購入申し込みor辞退

という流れをとり、抽選に臨むための手続きは抽選申込の1回なのに対して、

後期型の申し込みは、

  • 申し込み(需要申告) ➔ 購入申し込み ➔ 抽選

という流れとなり、抽選までに申し込み手続きを2度行う必要があります。

2つの申込みにそれぞれ受付期間がありますので、期間中に手続きをとらなければなりません(どちらかを忘れると抽選対象外となります)。

また、購入申し込み後の抽選となるため、当選した場合の辞退はできません。

ウサギマン

めんどくせ、だけど、申し込み忘れが多ければライバル減るぜー!

GMOクリック証券IPOの資金の必要な時期・資金拘束は?

GMOクリック証券のIPOの申し込みで資金が必要になるのは、購入申し込み期間最終日午後3時となります。

  • 申し込み(需要申告) ➔ 購入申し込み ➔ 抽選

需要申告の段階では、口座に資金の必要はありません。

資金拘束は、抽選中(購入申し込み最終日の午後3時〜午後5時のあいだ)だけとなります。

当選すれば拘束継続で、落選なら拘束解除となります。

ラビ

後期型はめんどくさいけれど、資金必要時期や資金拘束はやさしめですね

GMOクリック証券IPOの当選時の配分は?

GMOクリック証券でIPOに当選した場合は、原則最低単元株数の配分となります。

申し込み者数よりも、配分株数のほうが多い場合に限り、複数単元配分されることがありますが、現実的にはむずかしいでしょう。

基本的には、最低単元数の申し込みでよいと考えられます。

ラビ

複数配分なんて、超絶不人気値下がり濃厚銘柄でしょ、、、

まとめ|当選のコツは?

以上、GMOクリック証券のIPOについて解説しました。

GMOクリック証券のIPOネット抽選では、「コツコツ申し込み続ける!」以外はこれといった当選のコツはなさそうです。

バニ

というより、取り扱い案件はよ!って感じ(ド正論)

IPO以外にも使いどころはたくさんある証券会社ですので、現状はIPOについてはおまけ程度に考えておくのがよいかもしれません。

ウサギマン

取り扱い案件はよ!はよ!

\公式サイトをチェック/

✓優待クロス取引に超おすすめ
✓IPO取扱拡大にも期待

 

IPO当選に向けた証券会社関連記事