ツイッターつくったー 

ライブスター証券でIPO当選を目指す|幹事実績やネット抽選・配分ルールなど解説

ライブスター証券のIPO解説のアイキャッチ

新規公開株の申し込みに当選して利益を狙うIPO投資。

当選のコツはなんといっても、たくさんの証券会社から申し込むこと。

とはいえ、証券会社もみな同じではなく、特徴があります。

それをも把握したうえで、効率よく申し込むことも大事なことです。

今回は、ネット専業証券「ライブスター証券」のIPOについて説明します。

2017年からIPOの取り扱いをはじめたこともあり、IPO取り扱い件数は多くありませんが、前受金不要で申し込み可能+抽選配分率100%のため、開設しておきたい証券会社です。

ラビ

手数料の安さがウリで、普段使いとしてもオススメです

ライブスター証券とは

ライブスター証券は、IT・金融事業会社を多数抱える「ISホールディングス」グループのネット専業証券会社です。

口座数は、開示されておらず不明です。

ラビ

ISグループも非上場企業で、ミステリアスですねw
※怪しい企業ではありません
ライブスター証券口座基本情報
  • 口座開設料:無料
  • 口座管理料:無料
  • WEB入金:無料
  • WEB出金:無料

\公式サイトをチェック/

手数料で選ぶなら

ライブスター証券のIPO実績

ライブスター証券のIPO実績はまだ少ないです。

2018年の幹事率は約4.2%主幹事率は0%となっています。

幹事となった案件は、すべて委託幹事としての登場で、配分数はそう多くなかったと思われます。

委託幹事

個別銘柄において、正規の幹事証券会社ではないものの、IPOの募集を行うことがある証券会社のこと

裏幹事ともよばれる

MEMO

2018年12月上場予定だった「ひふみ投信」運営「レオス・キャピタルワークス」で初の正規幹事となりました

がしかし、上場中止となってしまい、初の正規幹事は実現しませんでした、、、

ラビ

今後に期待!

ライブスター証券IPO実績(リートIPOふくむ)

IPO全体数幹事数うち主幹事数
2018年9540
2017年9470

ライブスター証券のIPO抽選ルール

ライブスター証券のIPOの配分率は?

ライブスター証券に配分されたIPO株数のうち、抽選にまわる配分は100%です。

ウサギマン

ナイス☆

ライブスター証券のIPOの抽選方法は?

ライブスター証券のIPO抽選は、対象者1人1口の公平な抽選で行われます。

資金の大小や、これまでの取引履歴などは抽選に関係しません。

バニ

運のみの勝負、、、

ライブスター証券IPOの資金の必要な時期・資金拘束は?

ライブスター証券のIPOの申し込みで資金が必要になるのは、当選後の購入申し込み時となります。

  • 申し込み➔抽選➔購入申し込み

よって、申し込みから抽選までに口座に資金が入金されている必要はありません。

抽選の結果、当選となった場合、必要額を入金し、購入申込期間に申し込みをすればOKです。

ラビ

いわゆる前受金不要方式です☆

ライブスター証券IPOの当選時の配分は?

ライブスター証券でIPOに当選した場合は、最低単元株数の配分となります。

申し込み数も、最低単元数とされており、複数配分はありません。

 

まとめ|当選のコツは?

以上、ライブスター証券のIPOについて解説しました。

ライブスター証券のIPOネット抽選では、「コツコツ申し込み続ける!」以外はこれといった当選のコツはなさそうです。

100%配分+前受金不要と、資金の少ない個人投資家にも優しい制度としてくれていますので、これからの取り扱い件数・数量の増加に期待したい証券会社です。

 

\公式サイトをチェック/

手数料で選ぶなら

 

IPO当選に向けた証券会社関連記事