ツイッターつくったー 

楽天証券でIPO当選を目指す|幹事実績やネット抽選・配分ルールなど解説

楽天証券のIPO解説のアイキャッチ

新規公開株の申し込みに当選して利益を狙うIPO投資。

当選のコツはなんといっても、たくさんの証券会社から申し込むこと。

とはいえ、証券会社もみな同じではなく、特徴があります。

それをも把握したうえで、効率よく申し込むことも大事なことです。

今回は、楽天グループの券会社「楽天証券」のIPOについて説明します。

楽天証券は、ここ数年、委託幹事としての登場だけとなっていましたが、2018年になって正規幹事としても登場するようになってきました。

手数料の安さや、株主優待取得時の一般信用の在庫で優位性のある証券会社ですが、IPOにも力を入れてきそうな動きをしていることから、注目です。

楽天証券とは

楽天証券は、楽天グループが運営するネット専業証券会社です。

口座数は、2018年3月末の時点で約261万1千口座となっています。

ラビ

株主優待クロス取引でお世話になっております
優待クロス取引紹介のアイキャッチ株主優待で節約生活|ローリスクなクロス取引(つなぎ売り)のやり方解説
楽天証券口座基本情報
  • 口座開設料:無料
  • 口座管理料:無料
  • WEB入金:無料
  • WEB出金:無料

\公式サイトをチェック/

楽天証券

楽天グループの証券会社

楽天証券のIPO実績

楽天証券のIPO実績は少なめです。

2018年の幹事率は約11.6%主幹事率は0%となっています。

楽天証券は、ここ数年IPOでは委託幹事としての登場のみとなっていました。

しかし、2018年になってからは、正規幹事としても登場するようになってきており、IPOに対してのスタンスに変化が現れています。

これから一層の取り扱い増加が期待される証券会社です。

ラビ

ライバル視しているだろうSBI証券にIPO面では負けていますからね
ここは奮起してほしい!
委託幹事

個別銘柄において、正規の幹事証券会社ではないものの、IPOの募集を行うことがある証券会社のこと

裏幹事ともよばれる

楽天証券IPO実績(リートIPOふくむ)

IPO全体数幹事数うち主幹事数
2018年95110
2017年9470

楽天証券のIPO抽選ルール

楽天証券のIPOの抽選配分率は?

楽天証券に配分されたIPO株数のうち、抽選にまわる配分は原則100%です。

ネット専業証券のよさは、この個人抽選への配分率の高さです。

ラビ

だからこそ、正規幹事としてどんどん登場してきてほしい!

楽天証券のIPOの抽選方法は?

楽天証券の抽選は、申し込み株数ごと公平な平等抽選で行われます。

申し込んだ株数ごとに、一つの番号が割り振られる方式のため、申し込んだ株数が多いほうが当選確率は上がります。

ただし、ほとんどの場合、申し込み可能株数の上限が1単位となっているため、実質的には一人一口での抽選となります。

ウサギマン

うへー

楽天証券のIPOの申込方法は?|後期型!申し込み忘れに注意!

楽天証券のIPO申し込みは「後期型」とよばれる方式をとっており、他の証券会社と多少ちがいます。

通常のIPO申込が、

  • 抽選申し込み ➔ 抽選 ➔ 購入申し込みor辞退

という流れをとり、抽選に臨むための手続きは抽選申込の1回なのに対して、

後期型の申し込みは、

  • 申し込み(需要申告) ➔ 購入申し込み ➔ 抽選

という流れとなり、抽選までに申し込み手続きを2度行う必要があります。

2つの申込みにそれぞれ受付期間がありますので、期間中に手続きをとらなければなりません(どちらかを忘れると抽選対象外となります)。

また、購入申し込み後の抽選となるため、当選した場合の辞退はできません。

ラビ

面倒くさいし、購入申込み忘れもしがちだけど、そのぶんライバルが減るという側面も!

楽天証券IPOの資金の必要な時期・資金拘束は?

楽天証券のIPOの申し込みで資金が必要になるのは、需要申告(1回目の申込)時と購入申し込み時(2回目の申込)となります。

  • 申し込み(需要申告) ➔ 購入申し込み ➔ 抽選

需要申告時、購入申し込み時に必要額の入金がないと申し込みができません。

ただし、需要申告時点では資金拘束はされませんので、需要申告のあとにいったん出金をすることは可能です。

また、同一資金で複数の銘柄に需要申告を行うことも可能です。

購入申し込みの時点で、資金拘束となります。

よって、同一資金で、複数銘柄の需要申告をした場合、購入申し込み時には、それぞれの銘柄分の資金が必要となります。

楽天証券IPOの当選時の配分は?

楽天証券でIPOに当選した場合の配分は、原則、1単位となっており、複数配分の可能性は限りなく低いです。

申し込み株数が、1単位以上の銘柄で強運があれば、複数当選することもあるかもしれません。

バニ

む、むずかしそう、、、実質ムリ!

 

まとめ|当選のコツは?

以上、楽天証券のIPOについて解説しました。

楽天証券のIPOネット抽選では、「コツコツ申し込み続ける!」以外はこれといった当選のコツはなさそうです。

人気のネット証券会社で、口座数も多いことからライバルも多いですが、IPOについては、まだそれほど活発ではありません。

そのぶん、これからの伸びしろに大いに期待したい証券会社です。

ウサギマン

まだの人はレッツ口座開設だよう

\公式サイトをチェック/

楽天証券

楽天グループの証券会社

 

IPO当選に向けた証券会社関連記事