ふぉろみーついった! 

楽天カードのお得度検証!一体どれだけ得なのかシミュレーション!

楽天カードシミュレーションのアイキャッチ

楽天市場ユーザーなら楽天カード決済がマストではありますが、実際、そのお得度はいかほどなのでしょうか?

単純な事例を元にちょっと検証してみましょう!

楽天カードとは:おさらい

楽天カードは、その名のとおり楽天が発行するクレジットカードで、「年会費無料」+「還元率1%」の高スペックのカードです。

貯まったポイントは楽天スーパーポイントとして1ポイント=1円分から利用でき、楽天市場ユーザーであれば使い道に困ることはありません。

加えて、楽天市場での買い物の決済に利用することで、さらにポイントが加算されるなど相乗効果が大いに期待できるカードです。

 

\公式サイトをチェック/

年会費永年無料
楽天市場で最高の還元率

 

楽天カードのお得度検証

今回の検証は、楽天市場での決済を、

  1. 口座引き落としマン(口座引き落としで行った場合)
  2. 他社カードウーマン(還元率1%の他社クレジットカードで行った場合)
  3. 楽天カードマン(楽天カードで行った場合)
の3パターンで検証します。 お買い物の条件は、
  1. 毎月5,000円分楽天市場でお買い物。年間で60,000円
  2. その月に得たポイントは次月の購入時に使用
  3. 楽天カード利用では、毎月5と0の付く日は 楽天カードご利用でポイント5倍のキャンペーンを毎月利用
ということでやってみます。

1|口座引き落としマンの場合

口座マン

クレジットカード?そんなの関係ねぇ!
支払い額使用ポイント獲得ポイント
1か月目5,000円050
2か月目4,950円5050
3か月目4,950円5050
4か月目4,950円5050
5か月目4,950円5050
6か月目4,950円5050
7か月目4,950円5050
8か月目4,950円5050
9か月目4,950円5050
10か月目4,950円5050
11か月目4,950円5050
12か月目4,950円5050
合計59,450円550600

口座引き落としにした場合も、1パーセント分のポイントはつきますので、結果は、現金支払い59,450円と、次月への残ポイント50となりました。

60,000円に対して、600円分、1%分の節約効果となりました。

2|他社カードウーマンの場合

他社ウーマン

私には他のメインカードがあるのよ!
支払い額使用ポイント獲得ポイント他社ポイント
1か月目5,000円05050
2か月目4,950円505049
3か月目4,950円505049
4か月目4,950円505049
5か月目4,950円505049
6か月目4,950円505049
7か月目4,950円505049
8か月目4,950円505049
9か月目4,950円505049
10か月目4,950円505049
11か月目4,950円505049
12か月目4,950円505049
合計59,450円550600589

他社カードの場合も、1パーセント分のポイントはつきますので、結果は、現金支払い59,450円と、次月への残ポイント50となりました。

さらに、他社ポイントを589ポイント獲得できました。 60,000円に対して、1,189円分、約1.98%の節約効果となりました。 

3|楽天カードマンの場合

楽天カードマン

楽天市場なら楽天カード使わないでどうすんの!
支払い額使用ポイント獲得ポイント
1か月目5,000円0250
2か月目4,750円250238
3か月目4,762円238238
4か月目4,762円238238
5か月目4,762円238238
6か月目4,762円238238
7か月目4,762円238238
8か月目4,762円238238
9か月目4,762円238238
10か月目4,762円238238
11か月目4,762円238238
12か月目4,762円238238
合計57,370円2,6302,868

楽天市場で楽天カードで購入すると、通常の購入ポイント1%とクレジット還元ポイント1%に加えて、SPU(スーパーポイントアッププログラム)特典として+1%分ポイントが加算されます。

さらに毎月5と0の付く日は 楽天カードご利用でポイント5倍のキャンペーンにエントリーし15日や20日など5と0のつく日に楽天カードで購入すれば2%分のポイントも加算されるため、合計5%分のポイントを獲得できます。

よって、楽天カードとキャンペーンを利用した場合の結果は、現金支払い57,370円と、次月への残ポイント238となりました。

60,000円に対して、2,868円分、約4.78%の節約効果となりました。

注意
「SPU特典」と「毎月5と0の付く日キャンペーン」で得られるポイントは、期間限定ポイントで、利用可能期間が限られていますので、期間内の使用する必要があります。

「毎月5と0の付く日キャンペーン」はエントリーが必要です。

また、各特典で得られるポイントの上限があり、「SPU特典」の+1%が上限5,000ポイント、「毎月5と0の付く日キャンペーン」の+2%が上限3,000ポイントとなっています。

楽天カード検証の結果とまとめ

3つのケースの結果は以下のとおりとなりました。

パターン支払い額節約効果節約率
口座引き落としマン59,450円600円分1%
他社カードウーマン59,450円1,189円分約1.98%
楽天カードマン57,370円2,868円分約4.78%

口座マン

ギャー!

他社ウーマン

ぐぬぬ!
ハハハハハハハハ!

楽天カードマン

楽天市場における楽天カードの優位性が明らかだと思います。

楽天市場では、他にも「楽天市場アプリ」から月1回購入で+1%や、要エントリーですが、楽天イーグルス、ヴィッセル神戸、FCバルセロナが試合に勝った翌日にはポイントアップなど、様々なキャンペーンが行われていますので、有効利用することで、節約効果をどんどん高めていくことが可能です。

仕組みがややこしくて、最高のタイミングを計ることは難しいかもしれませんが、少なくとも0と5の付く日に購入するとお得!くらいは覚えておいて損なしです(キャンペーンのエントリーは忘れずに!)。

\公式サイトをチェック/

年会費永年無料
楽天市場で最高の還元率