ふぉろみーついった! 

楽天証券で株主優待クロス取引(つなぎ売り)|一般信用やり方解説

楽天証券で一般信用優待クロス解説のアイキャッチ

リスクを抑えて株主優待ゲットを狙う、節約的投資「優待クロス取引」ですが、

ウサギマン

実際どんな感じでやってんじゃー?

という、疑問に勝手にお答えし、徹底解説いたします。

今回は、「楽天証券」を使って、逆日歩のかからない一般信用での優待クロス取引の流れです。

ベストなやり方かどうかは分かりませんが、こんな感じでやってます、ということの一例として参考になれば、うれしいです。

\公式サイトをチェック/

楽天グループの証券会社

おさらい:優待クロス取引(つなぎ売り)とは?

図解|一般信用の株主優待クロス取引(つなぎ売り)の流れ

優待クロス取引とは、「買い」と「売り」を同時に行い、株の値下がりリスクを相殺して、株主優待のみゲットしてしまおう、という手法です。

優待クロス取引のリスク(コスト)は、一に手数料、ニに貸株料、三に逆日歩!

獲得した株主優待の価値以内に3つのコストが収まれば成功です。

優待クロス取引紹介のアイキャッチ株主優待で節約生活|ローリスクなクロス取引(つなぎ売り)のやり方解説
MEMO

今回は、リスクの一つ逆日歩のかからない一般信用という取引での実践です

条件とスケジュール

はじめに、今回の優待クロス取引の内容や条件は以下のとおりです。

今回の優待クロス取引の内容・条件

  1. 使用証券会社は、楽天証券
  2. 2018年9月末権利取得分でチャレンジ
  3. 逆日歩の発生しない一般信用でクロス取引
  4. 買いは、手数料節約で「いちにち信用」➔現引きで確保
  5. ターゲットは「ANA(9202)」400株!

ラビ

ANA(9202)は、ご存じ「全日空(全日本空輸)」
航空関連の優待です
ゆーきゃんふらい♪

ウサギマン

 

続いてスケジュールです。

優待クロス取引の作業スケジュール

  1. 権利付き最終日前日まで
    →獲得予定銘柄の注文「信用売り(空売り)」
  2. 権利付き最終日前日まで
    →獲得予定銘柄の注文「信用買い」
  3. 1&2の翌営業日9:00~15:00
    →前日の注文結果確認
    →信用買い銘柄の現引(げんびき)注文
  4. 権利付き最終日15:30以降
    現渡(げんわたし)注文
  5. 権利落ち日
    →前日の注文結果確認
  6. 結果発表会
MEMO

スケジュール1と2について
一般信用のクロス取引においては、信用売りの在庫が確保できるかが重要です
ベストは、権利付き最終日前営業日夜に注文して確保することですが、人気銘柄は在庫がなくなっていることがほとんど
楽天証券の一般信用取引「短期」(14日)は、約半月前から確保が可能ですが、早く確保すると貸株料がかさみ、利益が圧迫されるというジレンマがあります
スケジュール1と2については具体的にどのタイミングで実施するかは、証券会社次第、銘柄次第ということになります

注意

「権利付き最終日」と「権利落ち日」

2018年9月末は、権利付き最終日が9月25日(火)・権利落ち日が9月26日(水)でした。権利付き最終日などはカレンダーにより毎回変わりますので、必ず都度チェックしましょう!これを間違えると悲惨です。

実践!楽天証券で優待クロス取引、やり方解説

では、いざ実践!

ウサギマン

おりゃー!

ステップ1:一般信用売り注文

まずは、在庫が限られている一般信用の売り注文の確保です。

2018年9月は、権利付き最終日が9月25日(火)であったため、ベストなタイミングは、権利付き最終日の前営業日9月21日(金)の夜間に注文(確保)して、9月25日(火)に約定することでした。

しかし、今回は、それまでの在庫状況などを勘案し、ベストタイミング2営業日前、9月19日(水)の夜注文➔9月20日(木)約定のスケジュールで動きました。

ラビ

在庫がなくなったらクロスできないのが
一般信用の最大のリスクですから( ー`дー´)キリッ
結局、ベストタイミングでも在庫残ってたみたいだけど(#^ω^)

バニ

ラビ

むつかしーなー(棒)
ということでスタートだよー

ウサギマン


楽天証券トップページ一般信用遷移画面

 

争奪戦は、19:00からはじまりますので、その前に、まずは在庫確認です。

トップ画面から「国内株式」➔「信用取引情報」➔「一般信用売建銘柄」とクリックしてすすみます。


楽天証券一般信用銘柄検索画面

 

「一般信用売建銘柄」検索画面にたどりつきます。

一般信用短期の、弁済期限「14日」にチェックして、在庫を確認します。

今回は、検索条件に「銘柄名・銘柄コード」をチェックし、ANAのコード(9202)で検索します。

ラビ

検索条件に銘柄を指定しなければ、対象銘柄がドバっとでてきます
注意

翌営業日用の在庫は、だいたい18:30くらいに更新されます
更新された情報なのかは、「一般信用売建銘柄」検索画面の日付で確認しましょう

上の画像は、9/19の19:00前のものですが、右上の日付が「2018/9/20付情報」となっているので更新済みです

ここが「2018/9/19付情報」となっていれば、まだ更新前なので在庫情報は参考になりません

ラビ

在庫情報更新の時間帯はバラつきがあります、19:00直前に更新されることも、、、

楽天証券個別銘柄(ANA9202)画面

 

指定したANAの情報がでてきます。

売建可能数量が翌営業日に注文可能な在庫株数です。

ここがゼロなら在庫なしです。

MEMO

在庫量は、あくまでも翌営業日用に、前営業日時点で確保された株数です
適宜更新され、なくなっても補充されることもあります(されないことも)

ラビ

ま、水ものってことです
「なくなるかもしれないし、なくならないかもしれないチキンレース」
を制することが一般信用クロスのポイントです

 

在庫があって、「よし今日確保するぞ!」と決まれば、「新規」をクリックして注文画面へすすみます。


楽天証券一般信用売り注文画面

 

注文画面にきたら、いざ注文です。

注文の方法は、上の画面のとおりです。

  • 売買:売建を選択
  • 信用区分(期限):一般(14日)を選択
  • 数量:任意の株数を入力(今回は400株)
  • 価格:成行で執行するを選択
  • 執行区分:本日中を選択
  • 口座:特定を選択

以上を入力したら、取引暗証番号を入力します。

取引暗証番号のとなりの注文内容を確認するをクリックすると、注文確認画面➔注文受付と展開していきますが、争奪戦で早い者勝ちの場合は、取引暗証番号下の、確認画面を省略するにチェックを入れ、注文をクリック。

こちらの流れなら、確認画面を飛ばせるので、ワンテンポ早く注文を確定できます。

いつでも注文できる状態にして、19:00の開始を待ちます。


楽天証券一般信用売り注文時間前画面

 

現在、一般信用売建注文は受け付けておりません。

時間前に、注文するとこのメッセージがでて注文はとおりません。


楽天証券一般信用売り注文在庫なし画面

 

注文数量が発注時の売建可能数量を超えています。注文入力画面から現在の売建可能数量をご確認ください。

在庫がないのに注文しようとした場合や、在庫はあったものの争奪戦に敗れた場合は、このメッセージがでて注文ができません。

バニ

売建可能数量は、リアルタイムで表示が変動しないので、残っているように表示されていても実際には完売済になっていて注文がとおらないことも、あるある

楽天証券一般信用売り注文受付画面

 

19:00になったら注文をクリック。

無事、注文がとおると、注文受付画面になります。これで在庫確保です。

注文照会・訂正・取消へをクリックして注文の確認をしましょう。


楽天証券一般信用売り注文照会画面

 

注文照会画面です。

銘柄、売買・信用区分、株数など注文に誤りがないかよく確認しましょう。

問題なければ、一般信用売り注文は完了です。

ステップ2:信用買い注文@「いちにち信用」

無事、「売り」が確保できたら今度は「買い」です。

「買い」については、最終的に権利付き最終日に現物で保有している必要があります。

しかし、最初から現物で買い注文する他に、いったん信用取引で買い注文➔約定日当日に現引きして、現物保有する方法もあります。

  • 前者は、現物注文の手数料
  • 後者は、信用注文の手数料+1日分の金利(+現引注文のひと手間)

と、かかるコストがかわります。

証券会社の手数料体系や、銘柄の価格によって、どちらが有利かはことなりますので、都度判断してできれば安い方法をとることがよいでしょう。

今回は、コスト削減のため後者の信用取引で買い注文➔約定日当日に現引きの方法を使います。

そして、この方法の際に、楽天証券のスーパーメリットである「いちにち信用」を使えば

なんと、買いの手数料をゼロにすることができます。

 

楽天証券:いちにち信用

返済期日が約定日当日(1日)だけの超短期信用取引

  • 手数料はゼロ!
  • 一約定の売買代金が100万円以上なら金利&貸株料もゼロ!
  • 一約定の売買代金が100万円未満でも金利&貸株料は年率1.9%!
  • ただし、返済を忘れると強制決済&3,510~3,726円の手数料がかかる!
参考 一般信用取引「いちにち信用」楽天証券

 

今回は、売買代金100万円以上なので、約定日当日の決済(今回の場合、現引き)さえ忘れなければ、手数料も金利もゼロで買いを行うことができます。

なので、もちろんいちにち信用を使います!


楽天証券一日信用買い注文画面

 

それでは、信用取引注文画面から、信用買注文です。

注文の方法は、上の画面のとおりです。

  • 売買:買建を選択
  • 信用区分(期限):一般(1日)を選択
  • 数量:任意の株数を入力(今回は400株)
  • 価格:成行で執行するを選択
  • 執行区分:本日中を選択
  • 口座:特定を選択

以上を入力したら、取引暗証番号を入力し、注文内容を確認するをクリック。


楽天証券一日信用買い注文確認画面

 

注文確認の画面が表示されます。

確認の上、まちがいがなければ、注文をクリック


楽天証券一日信用買い注文受付画面

 

これで信用買い注文が完了です。

念のため、注文照会・訂正・取消へをクリックして確認してみましょう。


楽天証券クロス注文照会画面

無事買いの注文も発注されました。

さきほどの売りの注文と比べて、株数などの間違いがないかなど、しっかり確認しておきましょう。

 

ここまでの手順が、確保すると決めた日の夜のうちに行っておく手続きとなります。

 

ステップ3:注文の成立確認と現引き注文

ステップ2までで、注文が完了したので、翌営業日(今回は2018/9/20)にその確認と信用買い分の現引き注文を行います。

ラビ

特に、いちにち信用買い分は、翌営業日15:00までに現引きしないとエライコト(3,000円以上の手数料)になります!

楽天証券トップページ信用建玉遷移画面

 

注文結果を確認します。

トップ画面から口座管理➔資産残高・保有商品➔信用建玉一覧とすすみます。


楽天証券信用建玉一覧画面

 

売り注文と買い注文が同じ株数、同じ株価で約定しているか確認します。

確認ができたら、信用買いの分は、現引きして現物保有に切り替えます。

買建の方の現引をクリック。


楽天証券現引注文画面

 

現引きの注文画面に移動します。

現引きは、現引数量の全現引にチェックをして、確認をクリック。


楽天証券現引注文決定画面

 

でてきた内容を確認して、問題なければ、取引暗証番号を入力して注文をクリック。


楽天証券現引注文受付画面

 

これで現引き注文が完了です。

念のため、注文照会・訂正・取消へをクリックして確認してみましょう。


楽天証券現引注文照会画面

 

無事、現引注文が約定していることを確認しましょう。


楽天証券現引後信用建玉画面

 

信用建玉一覧画面からも買建分がなくなっています。


楽天証券トップページ現物保有遷移画面

 

消えた信用取引買建分が、現物保有分へ移ったかもみてみましょう。

トップ画面から口座管理➔資産残高・保有商品➔保有商品一覧とすすみます。


楽天証券現物保有一覧画面

 

無事、現引きした買建分が保有株一覧に表示されている(現物保有している)ことを確認します。

 

この状態で権利付き最終日の市場閉会を迎えます。それによって株主優待をもらう権利を得ます。

 

ラビ

これでいちにち信用の決済わすれ手数料も回避です!
MEMO

在庫確保のため、早めに注文をだした場合は、この状態にして、権利付き最終日の夜まで放置することになります

今回はここまでを2018/9/20におこなったので、権利付き最終日2018/9/25夜まで放置します

ステップ4:現渡注文(権利付き最終日15:30以降)

権利取得に成功したら、最後の仕上げの手続き現渡(げんわたし)です。

現渡は、現物保有の買った株と、信用取引の売り建て株を相殺してチャラにする手続きです。

ちょっと形は悪いですが、必要な権利を取得したので、処分するような感じです。

注意

現渡の注文は、早くとも権利付き最終日の15:30以降にしてください
市場は、15:00で閉会となりますが、現渡の注文は、15:30まで当日分として有効になってしまいます

15:30より前に現渡してしまうと権利付き最終日に株を保有していないことになり悲劇です


楽天証券トップページ信用建玉遷移画面2

 

現渡は、トップページの口座管理➔資産残高・保有商品➔信用建玉一覧から行います。


楽天証券信用建玉一覧画面2

 

対象銘柄欄の現渡をクリック。


楽天証券現渡注文画面

 

注文画面に移動します。

現渡は、現渡数量の全現渡にチェックをして、確認をクリック。


楽天証券現渡注文確定画面

 

注文確認の画面が表示されます。

確認の上、まちがいがなければ、取引暗証番号を入力して注文をクリック。


楽天証券現渡注文受付画面

 

これで現渡注文が完了です。

念のため、注文照会・訂正・取消へをクリックして確認してみましょう。


楽天証券現渡注文照会画面

 

現渡の注文がセットされていればOK。

銘柄や株数などに誤りがないか再度確認しましょう。


楽天証券現渡後信用建玉画面

 

信用建玉一覧の売建も、現渡ボタンが消えています。

 

手続き的に、やることはこれで終了です。おつかれさまでした。

 

翌営業日の権利落ち日に、現渡注文が無事成立したことだけ確認しましょう。

ステップ5:現渡注文確認(権利落ち日)

念には念を、で翌営業日(権利落ち日)に現渡注文の確認です。


楽天証券トップページ注文照会遷移画面

 

トップページから国内株式➔注文➔信用取引➔注文照会・訂正・取消とクリック。


楽天証券現渡約定結果確認画面

 

無事、現渡注文が約定(成立)していればOKです。


楽天証券現渡後保有株&信用建玉画面

 

また、保有株一覧(現物)にも信用建玉一覧(信用)にも、ANA株は残っていないはずです。

バニ

残っていたら、、、事件!!

ステップ6:結果発表会

事件なく、事故なくクロス取引が終わったら、結果発表でコスト計算をしてみましょう。

ウサギマン

どうだったかな~?

取得した株主優待|20,000円くらいの割引券

今回取得したANAの株主優待は、400株で4枚の国内線の運賃割引でした。

ウサギマン

金額換算はとりあえず1枚5千円としといたよ
あいきゃん割引でふらい×4♪

ラビ

かかったコスト|1,396円でした

続いてコストです。

優待クロス取引のコストは、

  1. 手数料
  2. 貸株料
  3. 逆日歩

の3つですが、今回は3つめの最大リスク逆日歩がかかりません。

この逆日歩がかからないところが一般信用の最大のメリットです。

よって、1と2を計算します。

1.手数料

今回行った取引は全部で4つ。

  1. 一般信用の売り
  2. いちにち信用の買い
  3. 信用買い分の現引き
  4. 現物買いと信用売りの相殺(現渡)

このうち、3の現引きと4の現渡は手数料がかかりません。

さらに今回は、2の買いを楽天証券「いちにち信用」を活用し無料にできました。

よって、1の一般信用売り分の手数料だけかかり、378円(超割コース&50万超)でした。

2.金利類(買い方金利&貸株料)

金利類は、信用取引の保有期間に応じて発生します。

今回の取引では、信用買い➔約定日当日現引きで通常発生する1日分の買い方金利は、「いちにち信用」+1約定の売買代金100万円以上で無料でしたので、

  • 一般信用売り➔現渡(決済)までの貸株料:6日分

のみ、費用が発生しています。

MEMO

金利類の日数は受渡日(3営業日後)ベース(※)。
売りは、約定20日(木)・決済26日(水)。受渡日だと、約定26日(水)・決済1日(月)のため、水木金土日月の6日分費用がかかります

※2018/9/24(月)は祝日につき営業日に含まれません
※)2019年7月16日から受渡日は3営業日後➔2営業日後に短縮されました

金利(貸株料含む)の計算式は、

金利 =  約定代金 × 利率 ÷ 365日 × 日数 ※小数点以下切捨

です。

楽天証券では、一般信用「短期」の利率は3.90%。

計算すると、

  • 貸株料:1,588,000×0.0390÷365×6=1,018円

となりました。

手数料378円と貸株料1,018円との合計で、コスト合計は1,396円となりました。

ラビ

在庫がなくなることを恐れてベストより2営業日早く一般信用売りを確保したことで、ベストより貸株料2日分(340円くらい)コストがかかりました
ま、そんくらいなら許したる!

バニ


楽天証券トップページ取引履歴遷移画面

 

コスト計算結果を確認します。

トップページから、口座管理➔取引履歴とクリック。


楽天証券取引履歴検索画面

 

今回の取引だけがでるよう条件を入力し、表示をクリック。

※今回は、約定日期間のざっくり指定 + 銘柄コード指定で検索してみました


楽天証券取引履歴検索結果画面

 

検索結果が表示されます。

画像の赤枠で囲った手数料欄と諸費用欄の合計がコストとなります。

ウサギマン

350、28、1018、、、ぜんぶ足すと1,396円!ぴったりー

楽天証券トップページ実現損益遷移画面

楽天証券実現損益検索画面

楽天証券実現損益検索結果画面

【余談】

同じ取引履歴の「実現損益」というところで今回の取引のコストをみても、1,396円と記載されています。

「実現損益」は税務処理上の数値です。

この集計では、取得費用が切り上げ処理されるため、差額としての損(コスト)が実際より少し大きくなることがあります。

しかし、今回は「いちにち信用」の活用で購入手数料が無料となってしまったので、切り上げ処理がされず、実際のコストと同値となっています。

おわりに

以上、楽天証券で、一般信用を使った優待クロス取引の実践を解説しました。

楽天証券は、もともと手数料も最安値水準でありながら、「いちにち信用」を利用すると、クロス取引の片方、買いの手数料をかなり抑えることが可能であり、これは他の証券会社と比べての優位性であるといえます。

売り側の一般信用「短期」の銘柄数・在庫もかなり幅広く、多くそろえてくれているため、一般信用クロスの主戦口座として有力です。

一般信用は、制度信用よりリスクが少ないので、よりオススメ。

まだの方はレッツ口座開設だよう!

ウサギマン

\公式サイトをチェック/

楽天グループの証券会社

ちゃんと届きました♪
ANAホールディングス株主優待紹介のアイキャッチANAホールディングス(9202)株主優待|全日空の割引運賃でYouCanFly!!