ふぉろみーついった! 

ドトール日レスHD(3087)株主優待|バリューカードと合算でお得に!

ドトール日レスHD株主優待紹介のアイキャッチ

もらってうれしい株主優待

今回は、ドトールコーヒーでおなじみ「ドトール・日レスホールディングス」の株主優待の紹介です。

優待は、期待通りのドトールで使える優待カードです。

ラビ

さらに、ちょっとお得な使い方もありますので、あわせて紹介しますー

ドトール・日レスホールディングス(3087)とは

ドトール・日レスホールディングスは、2007年に「株式会社ドトールコーヒー」と「日本レストランシステム株式会社」の経営統合により誕生した企業です。

ドトールコーヒーやエクセルシオールカフェなどのいわゆるドトール系のコーヒーショップだけでなく、日レス系のレストラン業態も多数手掛けています。

ラビ

日レス系だと、お箸で食べるパスタの「洋麺屋五右衛門」が有名どころじゃないですかね
ドトールと五右衛門が同じ系列なのね!

バニ

ドトール・日レスホールディングスの株主優待

では、ドトール・日レスホールディングスの株主優待についてみていきましょう。

ドトール・日レスHDの優待回数と権利確定日

ドトール・日レスHDの優待は、年に1回

2月末が権利確定日となり、この日時点の株主に対して優待が実施されます。

ドトール・日レスHDの優待内容

ドトール・日レスHDの株主優待は、ドトールとエクセルシオールカフェで使える株主優待カード

保有する株数に応じて下のように、金額が変わります。

  • 100株以上:1,000円分
  • 300株以上:3,000円分
  • 500株以上:5,000円分

ラビ

以前は、コーヒー製品が優待でしたが、やっぱり今の形の方がいいです!

ドトール・日レスHDの優待到着時期:いつ届く?

ドトール・日レスHDの株主優待は権利取得の約3か月後に届きます。

  • 2月末権利取得分:5月下旬

ドトール・日レスHDの優待カードの有効期限

ドトール・日レスHDの優待券の有効期限は、約12か月です。

  • 2月末権利取得分:翌年5月下旬まで(詳細は毎年案内に記載)

2019年2月末権利取得分

201902ドトール日レスHD株主優待カード

ラビ

昨年5,000円分取得したものの利用機会に恵まれず、今年は控えめに100株1,000円分w

2018年2月末権利取得分

201802ドトール日レスの株主優待

ラビ

2018年2月末は500株保有で、5000円分の優待カードゲットです

ドトール優待をよりお得に使うならドトールバリューカードとの合算!

ドトールの株主優待カードをよりお得に使うには、「ドトールバリューカード」と残高合算がオススメです。

ドトールバリューカードは、ドトールで発行しているプリペイドカードで、2,000円以上のチャージで最低5%分ポイントがたまるというドトールユーザー必携のカードです。

ドトールバリューカードのアイキャッチドトールバリューカード|作り方・使い方・ランクまでお得さ徹底解説

このカードに株主優待分の残高を合算することができます。

そして、合算すると、優待をよりお得に使うことができます。

合算によるメリットは2点

  1. 有効期限が3年に延長
  2. 1%分ポイントがつく

です。

1.有効期限が3年に延長

株主優待カードの有効期限は、約1年間ですが、バリューカードに残高合算することで、有効期間が3年になるため、有効期限切れのリスクが減ります。

ラビ

ドトールバリューカードの有効期限はWEBで残高確認をするたびに更新されるため、実質無期限にすることも可能です

2.1%分ポイントがつく

ドトールバリューカードで会計した場合、100円につき1%分のポイントが付与されます。

株主優待カードのままの利用ではこのポイントが得られないため、残高合算してバリューカードで利用することで1%分得をすることができます。

バニ

今回取得した5,000円分の優待も、バリューカードに合算して使えば5,050円分になるってことね
注意
ドトールバリューカードの「残高」と「ポイント」は有効期間が異なり、「残高」が3年間、「ポイント」が1年間です。 ただし、いずれもWEBで残高確認することでそれぞれ3年、1年と更新されます。
実際に残高合算してみた
ドトール日レス優待カードをドトールバリューカードへ残高合算する方法記事のアイキャッチ実践☆ドトール日レスHDの株主優待はバリューカードに合算でよりお得♪

ドトール・日レスHDは制度信用&一般信用取引できる?

ドトール・日レスHDは制度信用取引(貸借)の対象銘柄です。

また、一般信用ではSBI証券、カブドットコム証券、楽天証券、GMOクリック証券で売り建て対象銘柄となっています。

よって、制度信用でも一般信用でもクロス取引(つなぎ売り)による取得を狙うことができます。

おわりに|a cup of coffee

以上、ドトール・日レスホールディングスの株主優待の紹介でした。

ドトールはオシャレすぎないところが心地よくて、大好きです。

優待もドトール党、コーヒー党のみなさんにはオススメです!