トーセイ(8923)株主優待|1,000円クオカード Yo!!Say!!

トーセイ(8923)株主優待|1,000円クオカード Yo!!Say!!

もらってうれしい株主優待

今回は「トーセイ」の株主優待を紹介します。

優待は、愛すべきクオカード。

ウサギマン

いってみよ!

トーセイ(8923)とは

トーセイは、不動産分野の事業を広く手掛ける事業です。

主力は不動産流動化事業、取得した中古不動産の価値を高めて販売する事業です。

その他開発、コンサル、賃貸、管理、ホテルと不動産なんでもござれ!といった感じになっています。

スポンサーリンク

トーセイの株主優待

では、トーセイの株主優待についてみていきましょう。

トーセイの優待回数と権利確定日

トーセイの優待は、年に1回。

11月末が権利確定日となり、この日時点の株主に対して優待が実施されます。

トーセイの優待内容

トーセイの株主優待は、クオカード。

権利確定日時点で100株以上保有者が対象となります。

クオカード

  • 100株以上:1,000円分

ウサギマン

めちゃシンプル!
MEMO

トーセイはシンガポール証券取引市場にも上場中

シンガポール証券での株主には、シンガポール国内で利用できる1,000円相当額の商品(CapitaVoucher)が年1回贈呈されるようです

トーセイの優待到着時期:いつ届く?

トーセイの株主優待は権利取得の約3か月後に届きます。

  • 11月末分:2月下旬~3月上旬

2019年11月末権利取得分が到着

201911トーセイ株主優待クオカード

ということで、100株保有で1,000円分のクオカード。

ラビ

今回が初めての優待となります

スポンサーリンク

トーセイの株価や指標、利回り(配当/優待)は?

注意

株価、利回りなどは2020/3/3時点の情報によるものです

投資指標

株価1,174円
予想PER6.34倍
実績PBR0.96倍
予想配当47円
予想配当利回り約4.00%
予想配当+優待利回り約4.86%

優待利回りは100株1,000円相当で算出

PER、PBRは同業種比で特段割安でも割高でもない水準。

優待も含めた利回りはなかなか良い水準となっています。

2019年11月期は微減収・増益で着地。2020年11月期は増収・増益予想となっています。

1年/日足チャート

 トーセイ(8923)株主優待株価チャート|日足1年

5年/週足チャート

トーセイ(8923)株主優待株価チャート|週足5年

10年/月足チャート

トーセイ(8923)株主優待株価チャート|月足10年

チャート出典:SBI証券

チャートで見ると、

  • 日足1年チャートでは、上昇トレンド崩れるか?
  • 週足5年チャートでは、足元急落もトレンド維持か?
  • 月足10年チャートでは、足元急落もトレンド崩れず

といった状況。

足元は年明け以降弱含む全体市況につられて株価が崩れていますが、期間を長くして眺めてみるとまだまだ強いトレンドが崩れていないことが確認できます。

利回りもなかなかのものなので、業績に大きな不安がでてこないならキャピタル&インカムゲイン両面で魅力的に映ります。

注意

特定の銘柄の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません

投資判断は自己責任で行ってください

スポンサーリンク

トーセイは制度信用&一般信用取引できる?

トーセイは制度信用取引(貸借)の対象銘柄です。

また、一般信用でも多くの証券会社で売り建て対象銘柄となっており、信用売り可能です。

よって、制度信用でも一般信用でもクロス取引(つなぎ売り)によるローリスク優待取得を狙うことができます。

スポンサーリンク

おわりに|東誠!

以上、トーセイの株主優待について紹介しました。

シンプルなクオカード銘柄!以上!という感じでしたねw

「不動産×クオカード優待」といえば突然の廃止長期保有条件化、最近はプレミアム優待倶楽部への転生など長く続かないイメージがありますが、トーセイは2019年11月末権利が初回と新しい!

バニ

是非、息の長~い優待実施を~