ふぉろみーついった! 

ブロードリーフ(3673)株主優待|2019年はVisaギフトカード!10万円クオカードは幻に…

ブロードリーフ(3673)株主優待|2019年はVisaギフトカード!10万円クオカードは幻に…

速報

2019/10/18 12:00 2019年12月期の優待内容発表

公式株主優待内容の決定に関するお知らせ

リリース内容を踏まえ記載しています

もらってうれしい株主優待

今回は、「ブロードリーフ」の株主優待を紹介します。

2018年は最高10万円分のクオカードも可能な最強のクオカード優待銘柄でしたが、2019年10月18日付リリースで2019年分は優待内容変更。

  • 優待品はクオカードからVisaギフトカードへ変更
  • 10万円の額面がもらえた10,000株区分は廃止

となりました。

ラビ

それでも豪華ですけどね!

ウサギマン

いってみよ!

ブロードリーフ(3673)とは

ブロードリーフは、自動車関連業界の業務アプリケーションの開発・販売を主力としている企業です。

また、「部品MAX」という自動車部品専用ECサイトも運営しています。

ラビ

以前は「部品MAX」の割引券も優待だったなぁ(遠い目)

スポンサーリンク

ブロードリーフの株主優待

では、ブロードリーフの株主優待についてみていきましょう。

ブロードリーフの優待回数と権利確定日

ブロードリーフの優待は、年に1回

12月末が権利確定日となり、この日時点の株主に対して優待が実施されます。

ブロードリーフの優待内容

ブロードリーフの株主優待(2019年分)は、Visaギフトカードです。

参考Visaギフトカード -|三井住友カード

保有する株数に応じて、額面が変わります。

Visaギフトカード

  • 500株以上:5,000円分
  • 1,000株以上:10,000円分
  • 2,000株以上:20,000円分

500株区分から2,000株区分まで利回り変わらず!

公式株主優待内容の決定に関するお知らせ

注意

優待がもらえるのは最低でも500株以上です

参考|2018年12月期の優待内容

クオカード

  • 500株以上:5,000円分
  • 1,000株以上:10,000円分
  • 2,000株以上:20,000円分
  • 10,000株以上:100,000円分

ラビ

流石に10万円区分は廃止になってしまいましたw

ブロードリーフの優待到着時期:いつ届く?

ブロードリーフの株主優待は権利取得の約3か月後に届きます。

  • 12月末分:翌年3月下旬

2018年12月末権利取得分

201812ブロードリーフ株主優待クオカード

500株保有で5,000円分のクオカード。

ラビ

最後のクオカードとなりましたw

2017年12月末権利取得分

 201712ブロードリーフ株主優待クオカード

株式分割による優待制度変更前最後の優待。100株で3,000円分のクオカードでした。

バニ

今となってはレアw

スポンサーリンク

ブロードリーフの株価や指標、利回り(配当/優待)は?

注意

株価、利回りなどは2019/10/11時点の情報によるものです

投資指標

株価599円
予想PER18.67倍
実績PBR2.49倍
予想配当13円
予想配当利回り約2.17%
予想配当+優待利回り約3.84%

優待利回りは500株5,000円相当で算出

PER、PBRは極端に割安でも割高でもない水準。

配当や優待を含めた利回りはやや良しというところでしょうか。

2019年12月期は2Q時点で通期会社予想の約46%の進捗(税引き前利益べース)。中間期の予想に対しては上回ってきています。

1年/日足チャート

ブロードリーフ(3673)株価チャート|日足1年

5年/週足チャート

ブロードリーフ(3673)株価チャート|週足5年

10年/月足チャート

ブロードリーフ(3673)株価チャート|月足10年

チャート出典:SBI証券

チャートで見ると、

  • 日足1年チャートでは、方向感ない推移、優待継続なら年末にかけて上昇基調?
  • 週足5年チャートでは、上昇トレンド崩れ、500-600レンジ。突破なるか?
  • 月足10年チャートでは、上場来高値から崩れ、レンジ。上昇トレンド回帰なるか?

といった状況。

2019年の優待内容の発表後、権利日の年末までどのような動きを見せるでしょうか。

注意

特定の銘柄の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません

投資判断は自己責任で行ってください

スポンサーリンク

ブロードリーフは制度信用&一般信用取引できる?

ブロードリーフは制度信用取引(貸借)の対象銘柄です。

また、一般信用でも多くの証券会社で売建対象銘柄となっており信用売り可能です。

よって、制度信用でも一般信用でもクロス取引(つなぎ売り)によるローリスク優待取得を狙うことができます。

スポンサーリンク

おわりに|ブロリー!

以上、ブロードリーフの株主優待の紹介でした。

流石に2019年は10万円の額面の優待はなくなりましたが、それでも最大2万円のVisaギフトカードがもらえる太っ腹銘柄であることに変わりはありません。

変更後もブロードリーフは、12月権利取得銘柄の主役となることでしょう。

ラビ

逆日歩を考えると制度は怖い!とはいえ一般信用は人気化し取得困難?

バニ

悩ましいw