ふぉろみーついった! 

ホットランド(3196)株主優待|「銀だこ」や「銀のあん」でどうぞ!

ホットランド(3196)株主優待|「銀だこ」や「銀のあん」でどうぞ!

もらってうれしい株主優待

今回は、銀だこ運営「ホットランド」の株主優待を紹介します。

優待はもちろん店舗で使える食事優待券!

ウサギマン

いってみよ!

ホットランド(3196)とは

ホットランドは、たこ焼きチェーンの「築地銀だこ」などを運営している企業です。

たこ焼き以外にも、たい焼きやアイスクリームなどのデザート系から、たこ焼きブランドを生かした居酒屋まで広く展開しています。

バニ

銀だこはフードコートに高確率であるって印象!

スポンサーリンク

ホットランドの株主優待

では、ホットランドの株主優待についてみていきましょう。

ホットランドの優待回数と権利確定日

ホットランドの優待は、年に2回。

6月末と12月末が権利確定日となり、この日時点の株主に対して優待が実施されます。

ホットランドの優待内容

ホットランドの株主優待は、店舗で使える1枚500円分の食事優待券です。

もらえる枚数は、保有株数によってかわります。

食事優待券

  • 100株以上:1,500円分(500円×3枚)
  • 500株以上:7,500円分(500円×15枚)
  • 1,000株以上:15,000円分(500円×30枚)

株数が増えても利回りは落ちず、MAX年間30,000円(15,000×2回)!

バニ

ファミリー層にはうれしい!

ホットランドの優待利用可能店舗

優待券は、国内のホットランドグループの店舗で利用可能です(一部店舗のぞく)。

バニ

コールド・ストーン クリーマリーはおしゃれなアイス!

ラビ

冷凍たこ焼きじゃないんスねw

ホットランドの優待到着時期:いつ届く?

ホットランドの株主優待は権利取得の約3か月後に届きます。

  • 6月末分:9月下旬
  • 12月末分:翌年3月下旬

ホットランドの優待券の有効期限

ホットランドの優待券の有効期限は約6か月です。

  • 6月末分:翌年3月31日まで
  • 12月末分:翌年9月30日まで

2017年12月末権利取得分が到着

201712ホットランド株主優待券

1,000株保有の15,000円!たこキャラ全開の券面ですw

ラビ

逆日歩メチャ高の時!現物でいっててよかったw

スポンサーリンク

ホットランドの株価や指標、利回り(配当/優待)は?

注意

株価、利回りなどは2019/10/11時点の情報によるものです

投資指標

株価1,174円
予想PER33.35倍
実績PBR5.70倍
予想配当5円
予想配当利回り約0.43%
予想配当+優待利回り約2.98%

優待利回りは100株3,000円相当で算出

PER、PBRはやや割高な水準。

配当や優待を含めた利回りは普通な感じです。

2019年12月期は2Q時点で会社予想の通期に対し約55%の進捗(経常利益ベース)。

ただし、9月に発行済み株式の約14%の公募増資を発表。希薄化嫌気で株価は一段安に。

※記載のPER、PBRは公募増資分未考慮の数値となっています

1年/日足チャート

ホットランド(3196)株価チャート|日足1年

5年/週足チャート

ホットランド(3196)株価チャート|週足5年

10年/月足チャート

ホットランド(3196)株価チャート|月足10年

チャート出典:SBI証券

チャートで見ると、

  • 日足1年チャートでは、公募増資発表後一段安、最安値圏
  • 週足5年チャートでは、出来高を伴う急落で最安値接近
  • 月足10年チャートでは、方向感なく、足元は急落局面

といった状況。

もともと割安とはいえない水準からの公募増資でさらに割高に。業績で取り返せるか?

チャート的には明確な反発がみえるまでは入りづらく見えます。

注意

特定の銘柄の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません

投資判断は自己責任で行ってください

スポンサーリンク

ホットランドは制度信用&一般信用取引できる?

ホットランドは制度信用取引(貸借)の対象銘柄です。

また、一般信用ではほとんどの証券会社で売り建て対象銘柄となっていません。

ラビ

クロスで取るなら制度信用ですが逆日歩がヤバイことが多いので要注意銘柄!

スポンサーリンク

おわりに|逆日歩たこ焼き丸!

以上、ホットランドの株主優待を紹介しました。

ホットランドは、高額逆日歩が発生しやすい銘柄ともなっていますので、安易に制度信用でクロス取引すると逆日歩で大損してしまう困ったヤツ!

クロス取得するなら制度信用は危険、かといって一般信用もできる証券会社が少ない、現物保有…。

バニ

悩ましい!

2019年9月の公募増資による株数増が高額逆日歩常連組から脱却の契機となるか?注目w