中央倉庫(9319)株主優待|年2回のセントラルクオカード!(2022.3までは年1おこめ券)

中央倉庫(9319)株主優待|年2回のセントラルクオカード!(2022.3までは年1おこめ券)

もらってうれしい株主優待

今回は「中央倉庫」の株主優待を紹介します。

優待は、クオカード。

2022年3月末までは年1回のお米券でしたが、2022年9月末分以降は年2回のクオカード優待へ。

ウサギマン
ウサギマン

いってみよ!

中央倉庫(9319)とは

中央倉庫は、倉庫物流事業を行う企業です。

保管から梱包や検品等も行う倉庫部門。実は売上的には主力の運輸部門。通関手続きから輸送手配・梱包など手掛ける国際貨物部門の3部門で構成。

ラビ
ラビ

京都市本社どすえ( -`ω-)

同業の優待企業「安田倉庫(9324)」と資本業務提携中。

安田倉庫(9324)株主優待|安田倉庫(9324)株主優待|しまえ!おこめ券!

公式会社ホームページ

スポンサーリンク

中央倉庫の株主優待

では、中央倉庫の株主優待についてみていきましょう。

優待回数と権利確定日

中央倉庫の優待は、年に2回。

3月末と9月末が権利確定日となり、この日時点の株主に対して優待が実施されます。

優待内容

中央倉庫の株主優待は、クオカード。

権利月や権利確定日時点の株数によって、もらえる額面が変わります。

2022年9月末分以降の優待内容

年2回化や長期制度撤廃。おこめ券からの変更…といろいろ変わりましたw

3月末分

クオカード
  • 100株以上:1,000円分
  • 1,000株以上:2,000円分
  • 5,000株以上:5,000円分

9月末分

クオカード
  • 100株以上:500円分
  • 1,000株以上:1,000円分
  • 5,000株以上:3,000円分

リリース株主優待制度の変更に関するお知らせ(PDF)

公式会社優待ページ

参考|2022年9月末分までの優待内容

3月末だけ

おこめ券

株数 継続保有期間
3年未満 3年以上
100株以上 2kg分 3kg分
1,000株以上 4kg分 6kg分
5,000株以上 10kg分 15kg分

優待到着時期:いつ届く?

中央倉庫の株主優待は権利取得の約2~3か月後に届きます。

  • 3月末分:6月末頃
  • 9月末分:12月上旬

2022年3月末権利取得分が到着

202203中央倉庫株主優待おこめ券

100株&1年未満でおこめ券2kg分到着。

制度変更で、これが最後のお米券!次回からはクオカード…

ラビ
ラビ

Last Rice Ticket か…
( -`ω-)

ウサギマン
ウサギマン

( ゚∀゚)o彡゜LRT!LRT!

スポンサーリンク

株価や指標、利回り(配当/優待)は?

注意

株価、利回りなどは2022/6/29時点の情報によるものです

投資指標

株価956円
予想PER11.34倍
実績PBR0.44倍
予想配当27円
予想配当利回り2.82%
配当+優待利回り4.39%

優待利回りは100株1,500円相当で算出

PERは特段割安でも割高でもない水準。

優待を含めた利回りはなかなかよし。優待は変更後の年2回クオカードで計算。

2022年3月期は、前期比減収・微増益で着地(会計基準変更で実質的には増収)。2023年3月期は、増収・増益予想となっています。

参考Yahoo!ファイナンス

1年/日足チャート

中央倉庫(9319)株価チャート|日足1年

5年/週足チャート

中央倉庫(9319)株価チャート|週足5年

10年/月足チャート

中央倉庫(9319)株価チャート|月足10年

チャート提供元:TradingView

前期は引き続き経済再開&物流活況の中で堅調。燃料費高騰にも価格改定で対応。今期は、コスト高継続を懸念するものの堅調予想。どうなるでしょかー。

株価は、足元方向感のない動き。長期ではここ数年レンジ気味?チャート。ここから下にはいきたくない感じですけど…

注意

特定の銘柄の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません

投資判断は自己責任で行ってください

スポンサーリンク

制度信用&一般信用取引できる?

中央倉庫は制度信用取引(貸借)の対象銘柄です。

また、一般信用でも多くの証券会社で売り建て対象銘柄となっており、信用売り可能です。

よって、制度信用でも一般信用でもクロス取引(つなぎ売り)によるローリスク優待取得を狙うことができます。

スポンサーリンク

おわりに|チューオー!

以上、中央倉庫の株主優待について紹介しました。

2022年9月末より、「年1回おこめ券」から「年2回クオカード」へ生まれ変わった優待銘柄でしたー。

あわせて長期保有で増額の制度も撤廃したんですが、その理由がおもしろくてですね…

株主様への公平な利益還元の観点から継続保有期間による基準を廃止いたします。

変更時リリース(PDF)より

同じ理由でバシバシ優待廃止してゆく企業が多い中、このユニークな解釈&判断は好感度高しw

ラビ
ラビ

数年後同じ理由であっさり優待廃止とかなしね(´;ω;`)ブワッ